天然型がおすすめの理由

グルコサミンを主成分とするサプリメントは
どれを選ぶか迷ってしまうほど種類があります。

そのなかで天然型N−アセチルグルコサミンを
おすすめするには理由があります。

まずはその抽出方法に違いがあるのです。

UMIウエルネスの天然型N−アセチルグルコサミンは
焼津水産化学工業の開発した技術によって
もともと私達に身体にある天然型という物質で
カニ・エビの殻から取り出しています。

もともとある物質なのでその利用率が高いのは納得できます。
すんなりと身体の中に入っていくイメージですね。

天然本来の味なので苦味もなく、それだけで美味しく
続けられます。

一法、スピーディーに抽出し大量生産できる方法も
あります。その分生産コストを抑えることができるので、
価格も安く提供できるメリットがあります。

しかし天然型と比較すると、身体に入った後の利用率が
下がってしまいます。

そうして 飲む立場からすると、苦味があるというデメリット
があります。

UMIウエルネスのN−アセチルグルコサミンのように
お菓子のように食べる商品ではなくて
・カプセルになっていたり
・水で飲むタイプの錠剤になっていたり
するのが特徴です。

せっかくのサプリメントなら 利用率が高くで美味しい
天然型のほうがいいのではないでしょうか。

天然型の違いをご覧ください
  ↓   ↓
天然型のN-アセチルグルコサミンはこちら




posted by N−アセチルグルコサミン at 08:00 | UMIはここが違う

サプリメントの飲みやすさって大切なんで

関節の痛みを和らげるサプリメントの成分として
有名なのはグルコサミンですね。 それでは おおくの 
成分の中でN−アセチルグルコサミンがどうして優れて
いるのでしょうか。

それは そのままのの形でヒアルロン酸の材料となるからです。
形を変えないので効率がいいのです。

それに比べてスピーディーに抽出された一般的なグルコサミンは
もともと人の身体にはない形で摂取するため。体内で変換され
なくては利用できないのです。そればかりが 「苦味」 が
あるのでカプセルタイプや水でのむタイプになってしまいます。

ではその中でもUMIウエルネスのN−アセチルグルコサミンが
おすすめな理由はその含有量の多さです。
  ↓   ↓
特許商品!“オススメ”の天然型グルコサミンはこちら


UMIウエルネスでは1粒に1,000ミリグラムが入っています。

だから、一般的な関節サプリメントが複数粒飲まなくては
いけないところを1日1粒というストレスのない健康商品
になったのです。

UMIウエルネスのN−アセチルグルコサミンが発売以来信頼されて
いる理由の一つに「特許商品」(第4466972号)という
ことも続ける上での安心感につながります。

サプリメントは効果を実感するためにある程度の日数が必要
となりますので、途中で不安になってしまいます。

「この成分 本当に効くの???」

その時に 特許商品だと安心ですね。

また 加齢してくると若い頃には感じたことのない飲みづらさ
にストレスを感じて続けられないこともあるんですね。

しかしながらこの商品は ラムネ菓子のように水なしで
調節 口の中に入れることができます。

これは介護する立場からみるととっても楽ですね。

お年寄りに 
・何粒も錠剤を飲んでもらうこと
・水を使ってカプセルを飲んでもらうこと

これがどんなに大変かは 介護を体験した方なら
どなたも納得されるはずですね。

その上簡単なだけでなく美味しいのですう。

なんと「モンドセレクション 2013 2014 金賞受賞」
という品質も味も保証されたような感じですね。

購入金額は初回限定特別価格がキャンペーン中です。
こちらでご確認ください。
  ↓  ↓
天然型のN-アセチルグルコサミンはこちら

posted by N−アセチルグルコサミン at 03:00 | UMIはここが違う

Nーアセチルグルコサミンとヒアルロンサン

Nーアセチルグルコサミン(UMI)と
グルコサミンの違いは紹介しましたね。
それでは もう一つの疑問 ヒアルロンサンとはどう違うのでしょうか。

Nーアセチルグルコサミンとヒアルロンサンは分子の大きさが格段に違うのです。
これはどういうことかというと
身体への吸収力の違いになります。

低分子かして吸収率がいいとされるものでも
ヒアルロンサンの分子量は70000以上。

Nーアセチルグルコサミン(NAG)の分子量はなんと300以下ということです。
スムーズに腸管膜から吸収されて
痛み、鈍さの出始めた関節のために働いてくれるのです。

身体のメンテナンスに活用できそうですね。
posted by N−アセチルグルコサミン at 09:36 | UMIはここが違う

N-アセチルグルコサミン UMIはここが違う

Nーアセチルグルコサミン(NAG)は、
グルコサミンと名前の一部が一緒ですが
何処に違いがあるのでしょうか。

とても簡単に言うと 
・製造法と
・体内への吸収性が違います。

塩酸で短時間で抽出する従来の一般的な製法から
酵素でゆっくり時間をかけて成分と取り出すのが
Nーアセチルグルコサミン(NAG)なんです。

そうして 体内にそのまま 変化せずに吸収されるのも
Nーアセチルグルコサミン(NAG)。

スローフードの良さがクローズアップされていますが、
サプリメントの栄養成分でも事情は同じなんですね。

体内への吸収の違いは 効果に直接反映される
大切なポイントですね。
   




posted by N−アセチルグルコサミン at 08:35 | UMIはここが違う